個々の社員が一人前に日々の業務をこなせるよう計画を立てよう

中堅社員を対象とした人材育成研修は、全国の様々な業種の企業で行われています。そうした中、個々の社員が社内の重要な業務を一人前に担当できる人材に育てるには、研修を通じて目標を持たせることができるよう、人事担当者や各部署の責任者が中心となって計画を立てることが重要となります。また、多忙な業務の合間にスムーズに研修を受けさせるために、集合研修だけでなくe-ラーニングなどの空いた時間に学習ができる研修教材を取り入れることも大事です。なお、研修が終わった後も中堅社員が目標に向けて取り組んでいるか把握するため、対象者に研修の効果について聞き取りをしたり、仕事上の悩みについて相談に乗ったりすることも肝心です。

新入社員や若手社員の指導を行えるように研修の内容に工夫しよう

中堅社員が新入社員や若手社員の指導を効果的に行えるようになるには、コーチングに関する知識や技術が必要となります。そこで、社内の人材活用を積極的に行ううえで、中堅社員の研修中にロールプレイングやケーススタディなどの実践的な方法を取り入れて、それぞれの社員が現場に戻った後に自信を持って指導を担当できるよう工夫することが大切です。また、場合によっては人材育成に詳しい外部の専門家を招いたり、人事のキャリアが長い社員が講師役を務めたりするのも有効です。その他、中堅社員が部下を育てられるようになるには、個々の社員の性格や能力によって長い期間が必要となることもあるため、継続して研修の機会をセッティングすることも大事です。

外部から講師を学ぶ場合や、内部の社員が講師を務める場合など、接客マナーの研修には様々な種類があります