マンツーマン研修のメリットについて

人材育成研修を行う時には、マンツーマンによる職場内研修を行うことによって成果が期待できます。集団研修の場合は、一人の研修担当の講師が複数の人を同時に研修していく必要があります。この方法は時間効率が良く、一度の研修で多数の人の仕事のスキルを向上させる事が可能です。しかし、一人一人が研修によってどれだけスキルが向上しているのかを把握するのが難しく、さらに、講師が研修中に一人一人の研修生に意識を傾けるのが難しいのがデメリットです。つまり、研修生によっては研修で十分にスキルが向上しない可能性があります。一方、マンツーマン指導であれば、研修生が講師からマンツーマンによってしっかりと教わる事が可能です。つまり、高い確率で研修によってスキルが上がります。

マンツーマン研修を最大限に活かすための準備

社員の研修を行う時には、マンツーマン研修をして確実に一人一人のスキルを上げる方法が効果的です。しかし、ここで注意しておきたいのが研修担当者の選び方です。マンツーマン研修の効果を最大限に発揮するためには、スキルと経験値が高い講師を研修担当に指名する必要があります。もし、講師のスキルが低かったり教え方が下手だと、いくら研修に参加した人たちが一生懸命研修を受けても十分にスキルが向上しない恐れがあるからです。結果的に、マンツーマン研修を行った事が無駄に終わってしまう可能性すらあります。そこで、人材育成研修を成功させるためにスキルと経験値が高い講師を社内から選ぶ事が必要です。もし、そのような人材が社内でいなかった場合は、社外から呼んで質が高い研修を行います。

企業は、将来に向けた経営の継続・成長を目的として、雇用した従業員をより有能な人材にしていくために人材育成の研修を外部に委託する場合もあります